シェアリング・マッチング用のWebサイトを試作してサービスを創造しよう

シェアリングエコノミーという言葉をご存知の方が増えてきたのではないかと思います。

シェアリングエコノミーでは、モノやサービスとそれを利用する方をマッチングするので
Webサイトを使ってサービスをするなら、そのサイトはマッチングサイトと考えても間違いではなさそうです。

普通はWebサイトやアプリを通じてシェアリングサービスを利用する側になるのですが、
発想を逆にして自分や自社でシェアリングやマッチングサービスをはじめるとしたらどんな事ができるでしょう。

商売は売り手と買い手のマッチングですからマッチングサイトの利便性を活用できるかもしれません。
社内の余っている物を必要とする人に効率よく提供できれば業務効率化もできるかもしれません。

商売以外でも昔ならご近所さんから醤油を借りるといった共有・共存の考えをシェアリングの考えとWebサイトなどの道具を使えば今風にブラッシュアップできるかもしれません。

身近で小さい問題から果ては世界の食料問題のような大きな問題まで、シェアリングやマッチングの考え方とITツールを使えば改善・解決できるかもしれません。

ITは道具にすぎないのですが、道具立てに時間や多額の費用がかかる場合が多いと思います。問題点を見極めてアイデアを練りサービスを運営する事が大切なので、道具はできるだけ安く・早く準備出来た方が良いでしょう。

アイデアは物事を改善するために必須ですが、最初は形がなくて忘れやすく人に伝える事すら難しい事もあります。
アイデアが出たらすぐに形にしておけば、忘れにくく人に伝える事も容易になります。
最初はプロトタイプのプロトタイプでも目に見えて動く物があるのと無いのでは全然違うと思います。

弊社が提供している SHARE info を利用すれば、すぐにシェアリングやマッチングのアイデアの試作ができます。
最初は無料ですぐにサイトが使えるので、アイデアをお持ちの方はぜひ形にしてみてはいかがでしょう。
きっと、アイデアの良いところも悪いところも具体像が見え、人に理解してもらいやすくなります。

SHARE info は試作専用というわけではないので良いサイトが出来ればそのまま運用できますし、サイトへの独自機能追加も承っております。アイデアをサイトという形に落とし込む作業に不安をお持ちの方には、有料になりますがコンサルティングサービスも承ります。

皆様のかけがえのないアイデアを形にするための道具として、ぜひ SHARE info をご利用ください。